Discover the Ease of Virtually Validating Your Crankshaft Lubrication Concept.jfif
SHARE WEBINAR:      

Simulation Technologies

クランクシャフトの潤滑コンセプト設計で活用できるシミュレーション技術

Presenter: 鶴見 伸夫
Language: Japanese
September 3, 2021 9:00 AM JST   10 mins
This webinar has already taken place.
On demand section
WATCH NOW
description
クランクケース内のオイル分布予測は、極めて難易度の高い問題の1つです。これは主に形状の複雑さと、マルチボディシステムであるクランク駆動部のダイナミクスに起因します。特定の運転条件下では、オイルパン内のオイルの挙動の影響により、オイルポンプへの供給問題が発生する場合があり、これによりオイルシステムへの供給が不足した場合、エンジンに深刻なダメージを与える可能性があります。SPH法を用いたPreonLabを使用することのより、エンジニアは、これまで以上に効率的にクランクケース内のオイル分布をシミュレートできるようになります。

主なトピックと要点
• PreopnLabの強み
• 具体的なユースケースと簡単なモデルの設定
• リジッドボディのダイナミックモデリングの容易さ
• クランクシャフトの潤滑コンセプト設計事例
• その他のPreonLab解析事例紹介
*本ウェビナーは、2021年1月21日に開催されました「Discover the Ease of Virtually Validating Your Crankshaft Lubrication Concept」の内容をアレンジした日本語版となります。
date and duration
September 3, 2021 9:00 AM JST
10 mins